www.beatink.com/

beatkart

Search
検索


signup 会員登録

login ログイン

help ご利用案内
Samuel / Falling Star ('13.10.19) / TCLR005

Samuel / Falling Star ('13.10.19) / TCLR005
Label :
Technicolour
Cat No. :
TCLR005 (輸入盤12")
Format :
1枚組 12inch

¥1,400 (+tax)

数量 :
add KART

心の琴線を揺さぶる心地よい衝撃!ソウルフルなエレクトロニック・アーバン・ブルース!
<Hyperdub>所属LVのOkzharpがプロデュース!

A1. Falling Star
A2. Death Star Wonder
B1. Steam Train
B2. Boom Boom Boom



Description サミュエルの音楽が特別であることは彼の曲を数小節聞けば一目瞭然だ。彼の広大なエレクトロニックミュージックにおける制作手法はそれだけでも目を見張るものがある。曲はカラフルな電子音、そしてヒップホップに影響を受けたドラムやベース・サウンドが次々と放たれる。そこでサミュエルの歌声が合わさったとき、彼の音楽は確固として衝撃を与えるだろう。その声はジェイムス・ブレイクというよりはフランク•オーシャンであり、自らを”弱虫ジプシー”と名乗る彼のソウルフルで柔らかく自然体な歌声はオーディエンスの心の琴線を揺さぶる心地よい衝撃を与えるだろう。彼の〈Technicolour〉からのデビューEP 『Falling Star』はあのブリアルやフライング・ロータス等がリリースを果たしている〈ハイパーダブ〉に所属するL.V.のメンバーであるOkzharpがプロデュースを手掛けた作品で、スローテンポなレイヴ感溢れる切り込み、エレクトロニックなアーバン・ブルース、セクシュアルで怪しげなインカンテーション、また切ないソウル全ての要素を兼ね揃えている。サミュエルはどちらかというとアイルランドのキャンプでたむろする修道者やジプシーというよりかは洗練されたNYのプロジェクト等からのルーツを色濃く感じさせる人物だ。しかし、決定的に面白いのは、彼の音楽はいわゆる”彼“らしくないことだ。「僕はこの曲を夜から明け方にかけて作ったんだ。もし少しの勢いがあって、自分の実力をもう少し超えられると思える気持ちがあるなら、次の朝がやってくることにも耐えられるんだ。僕の家は森の中にあって夜になれば小さい星達が空に散らばっているんだけどその星達は変形して派手に遊び始めるんだ。その様を再現するためもあってこのヴィジュアルを作ったんだ。だからここでは星はとても重要な位置を占めているよ。」もし音楽が大都会の中において若くあること、また素晴らしい夜に飛び込む感覚を表現できるのであれば、このアルバムこそがまさにそれだろう。音楽の自由さ、ワイルドさ、そしてちょっとの小悪魔さ等においてジプシーであった彼の過去を垣間みる事ができるのも面白い。『Falling Star』は、聴く者にどこか落ち着かない感覚を与え、また我々に色んな考えを巡らせるような存在であると同時にエレクトロ・ミュージックが放つあの美しさと共通するところがあるのではないだろうか。小粋なタイトルの『Death Star Wonder』はサブベースのレイヤーと中毒性のあるギラギラとしたシンセ、そしてサミュエルの哀愁漂うヴォーカルが組み合わさった目覚ましいトラックである。これがロンドン音楽の最高峰と言えるだろう。サミュエルが素晴らしいミュージシャンであることを理解するのにそう時間はかからないだろう。最初の数小節を聴いてそれを感じて欲しい。


*商品はリリース日前後の配送となります。
リリース日をご確認の上お買い求め下さい。
尚、リリース日は変更になる可能性もございますので、ご了承ください。
*Pre Order商品と他の商品を同時購入された場合は、他の商品もPre Order商品と同時の配送となります。
リリース済みのものから順次発送をご希望されるお客様は、別々にご注文下さい。

▲Page Top