www.beatink.com/

beatkart

Search
検索


signup 会員登録

login ログイン

help ご利用案内
Laurel Halo / Quarantine ('12.05.26) / HDBLP014

Laurel Halo / Quarantine ('12.05.26) / HDBLP014
Label :
Hyperdub
Cat No. :
HDBLP014 (輸入盤LP)
Format :
1枚組LP

¥2,050 (+tax)
数量 :
add KART

グライムスに続くポスト・インターネット世代の次なる刺客
<Hyperdub>が送り出すチルウェーブ〜ウィッチハウス〜ポスト・ダブステップ以降の指標となるべき大傑作!聴く者をインナー・スペースへと誘う、ゆれて、とろけるベッドルーム・サイケデリア。

01. Airsick
02. Years
03. Thaw
04. Joy
05. MK Ultra
06. Wow
07. Carcass
08. Holoday
09. Tumor
10. Morcom
11. Nerve
12. Light + Space

Light + Space

Description ■ジャケットは日本の現代美術家、会田誠氏の『切腹女子高生』を使用!インパクト大!!
■Oneohtrix Point Never、Zola Jesus、oOoOO、Nite Jewl等、現在のUSインディど真ん中!


ディーン・ブラント・アンド・インガ・コープランド(ハイプ・ウィリアムス)に続いて<Hyperdub>が送り込むのは、2011年にリリースされた『Hour Logic』が多くの媒体から絶賛されたブルックリンの女性プロデューサー、ローレル・ヘイロー!ハイプ・ウィリアムスやジェームス・フェラーロのリリースで現在、最も注目されているレーベルのひとつ<Hippos in Tanks>からリリースされたデビューEP『King Felix EP』たった一枚で頭角を現し、グライムスやゾラ・ジーザス、ナイトウェーヴと並ぶインディ・ミューズとして瞬く間に注目を集める。さらに、同レーベルからリリースされた『Hour Logic』は<WARP>の初期A.I.シリーズやデトロイト・テクノへの憧憬が透けて見えるドラマティックなテクノ/エレクトロ・サウンドへシフトし、その評価を確固たるものにした。ブリアル擁するUKインディ・レーベルの名門<Hyperdub>からリリースされる本作は、ドリーミーなシンセ・レイヤーのオーロラ群を彼女の生々しい歌声が時に力強く、時にレイヤーのひとつとして存在しながらアルバム全体を侵食する一方で、その下ではオウテカがアナログ機材で遊んでるような変態ローファイ・ファンクや、脈打つ低音がフィジカルなグルーヴも顔をみせる。USインディーのドローンでチルなトレンドに沿いながら、彼女の自由な音楽遍歴が見事に結実したアルバムは、リスナーをなんともいえない叙情感の中へ誘うヴォーカル・アンビエント” Light + Space”で幕を閉じる。時代の閉塞感をスクリューして引き延ばした酩酊感も最高だが、彼女のインナースペースは世界中のベッドルームをドラマティックに包み込むだろう。


*商品はリリース日前後の配送となります。
リリース日をご確認の上お買い求め下さい。
尚、リリース日は変更になる可能性もございますので、ご了承ください。
*Pre Order商品と他の商品を同時購入された場合は、他の商品もPre Order商品と同時の配送となります。
リリース済みのものから順次発送をご希望されるお客様は、別々にご注文下さい。

▲Page Top