www.beatink.com/

beatkart

Search
検索


signup 会員登録

login ログイン

help ご利用案内
Machinedrum / Eyesdonetlie ('13.07.27) / ZEN12367

Machinedrum / Eyesdonetlie ('13.07.27) / ZEN12367
Label :
Ninja Tune
Cat No. :
ZEN12367 (輸入盤12")
Format :
1枚組 12inch

¥1,400 (+tax)

数量 :
add KART

<Ninja Tune>と電撃契約したMachinedrumが9月にリリース予定の最新アルバム『Vapor City』より先行シングルをリリース!

A. Eyesdontlie B. Body Touch



Description エレクトロニック・ミュージックを網羅する男、トラヴィス・スチュワート。マシーン・ドラムとしての活動がよく知られているが、フル・レングス・アルバムとしては2011年に<Planet Mu>からリリースした傑作"Room(s)"以降となるこれまでで最も大胆な大作"Vapor City"のリリースに向け、現在、着々と準備中だ。"Room(s)"をリリースして以降、これまでの間、リリース量は変わることなく、<Lucky Me>からの秀作"SXNLD"、<Hotflush>ではSepalcure名義を展開、そして近年、頻繁にコラボレーションを繰り広げているジミー・エドガーとのユニット、ジェッツにおけるダンスフロアに向けたトラックなど、多くの制作活動を通じて、今後の展開を待ちわびているファンや批評家に対して常に進化した姿を提示してきた。
トラヴィスにとって<Ninja Tune>から初となる公式リリース作"Vapor City"。2013年3月にビルボードで<Ninja Tune>との契約を公表し、SXSWでのレーベル・ショウケースにてサプライズ・ライブを行った際にお披露目となったプロジェクトだ。これまで多くの顔を見せてきたトラヴィスはアルバムを制作するにあたって、自身の内に潜む異常性から芽生えるインスピレーションに再度、目を向けた。彼は何年も繰り返し同じ夢を見ていた。Vapor Cityと名付けられた大都市にまつわるその夢は、目が覚めても隅々まではっきりと情景を描写できるほど鮮明なものになってきた。そしてトラヴィスはついにこの無限に広がる架空の世界を覆いつくす完璧なサウンドスケープを作り上げたのだ。
現時点では、Vapor Cityがどんな地形をしているのか謎のままだ。しかし、マシーン・ドラムのウェブサイトmachinedrum.netでの新デザインにおいて、Vapor Cityにつながる道、そして本作"Eyesdontlie"が都市の一区画を担っていることが明らかにされる予定だ。トラヴィス・スチュワートによる新たな世界が今まさに創造されようとしている。
「"Vapor City"は夢の世界に出てくる街にインスパイアされたアルバムだ。」と彼は説明する。「過去数年、何度も同じ夢を見るようになって、その街に対して音楽を作り始めたんだ。街には多くの区画があってその区画ごとに曲を作ってまとめた。"Eyesdontlie"は第1区の曲だ。みんなをVapor Cityに迎え入れる場所さ。」

 

*商品はリリース日前後の配送となります。
リリース日をご確認の上お買い求め下さい。
尚、リリース日は変更になる可能性もございますので、ご了承ください。
*Pre Order商品と他の商品を同時購入された場合は、他の商品もPre Order商品と同時の配送となります。
リリース済みのものから順次発送をご希望されるお客様は、別々にご注文下さい。

▲Page Top