www.beatink.com/

beatkart

Search
検索


signup 会員登録

login ログイン

help ご利用案内
Fhloston Paradigm / The Phoenix ('14.07.05) / HDBLP022

Fhloston Paradigm / The Phoenix ('14.07.05) / HDBLP022
Label :
Hyperdub
Cat No. :
HDBLP022 (輸入盤2LP)
Format :
2枚組LP

¥2,400 (+tax)

数量 :
add KART

King BrittがFhloston Paradigm名義で<Hyperdub>より1stアルバムをリリース!
中毒性の高い漆黒のグルーヴをまとったアブストラクトなトラックは、宇宙と深海を往来する。。。

A1. Portal 1
A2. Race To The Moon
A3. Letters Of Past [ft Pia Ercole]
A4. Chasing Rainbows
B1. Perception
B2. Never Defeated [ft Rachel Claudio]
B3. Tension Remains [ft Pia Ercole]
B4. Its All About [ft Pia Ercole]
C1. More [ft Mario Reynolds]
C2. The Phoenix
C3. Portal 3
D1. Never Forget
D2. Portal 4
D3. Light On Edge [ft Natasha Kmeto]



Description ■Fhloston Paradigm名義でのデビュー・アルバムとなる今作『The Phoenix』は、これまでのKing Brittのどの作品とも異なっている。初期のEPに見られた要素は広がりを見せ、プロダクションの美しさはさらに上回っている。また豊かな心的情景が溢れており、SF音楽の歴史やコンセプトを反映し、その重みにつぶされることなくお互いを結びつけている。コンセプトだけが一人歩きするのではなく、そこには一貫性が存在する。
■アルバムの雰囲気は上方にも下方にも広がりをみせていく。オープニングの「Portal 1」は閉所を思わせるような切り込まれたサウンドと荘厳なコードのトラックであり、続く「Race to the Moon」は後半に向けてゆっくりと盛り上がりを見せる、荒涼としたリズミックなテクノだ。アルバムには趣の異なるトラックも収められており、特にPia Ercoleの澄んだオペラのようなヴォーカルを迎えた楽曲は、希望が溢れるスペース・エイジの異国風サウンドで、フリー・フォームな今日のエレクトロニカというものを象徴するような作品である。アルバムには荒涼とした瞬間があり、例えば「Chasing Rainbows」はメタリックなドラム・マシーンが分厚いシンセのコードに刺さり、ブロークン・テクノを思わせる。それに対し、蜃気楼の如く揺らめくビートレスな瞬間もあり、たとえば「Perception」の細かなグリッチ・ノイズやサブリミナル・メッセージ、「More」の持つ、太陽や波を思わせるアンビエントな雰囲気などである。
■アルバムにはドラマチックな二つのピークがあり、一つ目はヴォーカリストにRachel Claudioを迎えたアンセミックな「Never Defeated」。緊迫感のあるヴォーカルがフレットレス・ベースに重なり、やさしくメロディーを創り出してハーモニーの中に消えていく。もう一つはユニークなダブ・テクノ、「The Phoenix」だ。冷涼感のあるシンセのパターンが宇宙的な雰囲気のドラムに重なり、そして対旋律やエコーへと蔓のように続いていく。その先には、サイレンの歌声や目眩すら起こしそうなベースラインを携えた、激しい「Never Forget」が待ち受けている。本作はNatasha Kmetoを迎えた「Light On Edge」で幕を閉じる。断続的な電子音や浮遊感のあるコードの上に囁くように繰り返されるヴォーカルが重なる繊細な楽曲だ。活動25年目にしてKing Brittが解き放つ、遥かな航海を思わせるような作家性豊かな音楽である。


*商品はリリース日前後の配送となります。
リリース日をご確認の上お買い求め下さい。
尚、リリース日は変更になる可能性もございますので、ご了承ください。
*Pre Order商品と他の商品を同時購入された場合は、他の商品もPre Order商品と同時の配送となります。
リリース済みのものから順次発送をご希望されるお客様は、別々にご注文下さい。

▲Page Top